左利き.com

左利き.comは左利きに関する様々な情報を掲載する専門サイトです。

左利きにとって思われているより不便ではないこと

   

2e839466bd8afed75525957eefdeb103_s
人口の9割が右気であることから、私たちの暮らす社会は右利きに有利な環境となっています。
そのため、左利きは不便さから少なからずストレスを感じます。

でも、世間的によく言われている左利きに不便なことの中には、意外とそうでもないものがあるんです。

自動改札の挿入口⇒右手でやればよくない?

電車の駅の自動改札。
切符の挿入口やICカードのタッチパネルは右手側に設置されています。

左利きは、少し体を右にひねって左手に持っている切符やカードを右側にもってきて・・・

いや、そんなことしなくても最初から右手に持っていればよくない?

ICカードのタッチは利き手じゃなくても簡単にできるし、切符は挿入口までもっていけばローラーが取り込みます。

あえて左手にこだわって行う必要なんてありません。

右利き用のはさみ⇒さすがに慣れました

左利きが右利き用のはさみを持つと、下の刃が外側にあるため切りづらい。
小さいころは苦労することも多かったかも。

でも、はさみを使う動作のほとんどは、そこまで難しいものではありません。
普段の生活の中で右利き用のはさみを使う機会が多かったため、右手ではさみを使うことに慣れています。
むしろ、右利き用の方が使いやすくなっているなんてことも。

でも、利き手じゃないときれいに切るのは難しいんじゃないの?

・・・利き手を使った場合でも、思ったように切れないなんてよくあるし。

字を書くときに手が汚れる⇒縦書きなら汚れないし

手の側面が書いた文字の側面にくるため、手が汚れやすいと言われる左利き。
学校ではよくある光景です。

ただ、手が汚れるのは横書きの時だけ。

縦書きの場合は、まだ字を書いていないところの上に手があるため汚れません。
縦書きだったら、むしろ右利きの方が汚れやすいですよね。
そういう意味ではおあいこって感じかな。

しかも、大人になると思った以上に字を手書きする機会ってあまりなくなるし。

カウンター席で手がぶつかる⇒後から来たなら知らないよ

カウンター席で右利きの人と隣同士になると、手がぶつかって食べづらい。
左利きは恐縮してしまうこともしばしば。

ただ、どちらが先に座っていたかによって感じ方は変わります。

右利きの人が座っている右側に後から自分が座ったのなら、自分の注意不足です。
でも、自分が座っている左側に相手が後から座ったのなら、それは相手のミス。

多くの人は右利きだから右利きの人は気にしなかったんだろうけど、左利きの人がいるってこともわかっているはずだしね。

スマホ⇒操作自体はシンプル

ほとんど左右対称の形になっていて、利き手が関係ないように感じるスマートフォン。
でも、操作上の細かなところが右利き寄りの作りとなっています。

だから、右利きよりは使いづらい点があると言えばあります。
ただ、スマホ自体が複雑なボタンや画面の操作がない作りとなっているので、左利きでもそれほど問題にはなりません。

また、スマホによっては左利き設定で左利き向けに変更できるものもあります。

 - 左利きネタ