左利き.com

左利き.comは左利きに関する様々な情報を掲載する専門サイトです。

左利きの男性は冬生まれが多い

   

c3ce0d720cce6cfa9df42f6ba0fea4d1_s
人間の約9割が右利き、約1割が左利きと言われています。
利き手についての研究は様々行われていますが、こうのような傾向になる理由は未だはっきりとした答えは出ていません。

そんな中、オーストリアのウイーン大学の研究チームが、ある傾向を発見しました。

左利き男性は11月~1月生まれが多かった

研究チームがオーストリアやドイツの1万3000人を対象に調査を行いました。
対象者のうち女性の7.5%、男性の8.8%が左利きだったとのこと。

調査対象者の共通点を調べたところ、男性の生まれた月にある傾向を見つけました。

11月、12月、1月生まれの男性は左利きの割合が、他の月に比べて高かったのです。
2月~10月生まれの男性では左利きの割合は8.2%だったのに対して、11月、12月、1月生まれの男性の左利きの割合は10.5%でした。

日照時間が関係している

どうして、11月~1月に左利きが生まれる割合が多い傾向にあるのでしょうか。

その理由として、男性ホルモンと日照時間が関係していると考えられています。

左利きになる要因として、胎児の段階で男性ホルモンの影響を受けるためという説があります。

男性ホルモンの一つにテストステロンというものがあり、テストステロンは左脳の発達を遅らせ右脳を発達させると言われています。
利き手と脳は関係していて、右利きは左脳が、左利きは右脳が発達します。

右脳と左利きは密接に関係していますから、胎児の段階でテストステロンの影響を大きく受けた場合、左利きになりやすいといわれているのです。

そして、テストステロンは日光によって多く作られます。
日照時間の長い時期は、妊婦も日に当たる時間が多くなります。

ポイントは生まれる半年ほど前とのこと。
その時期に妊娠中の母親が浴びる日光量が多いと男性ホルモンが多く作り出されるため、左利きが生まれやすくなると考えられているのです。

おわりに

日光に当たるとビタミンDが作られて骨が丈夫になるなど、体に何らかの影響を与えることはよく言われていました。
でも、日光は直接日に当たっていない胎児にまで影響を与えるんですね。

紹介した研究では、左利き女性には男性と同じ傾向はみられなかったようです。
人の体はわからないことはたくさんありますね。

 - 左利きネタ